052-692-2456

〒457-0841
愛知県名古屋市南区豊田1丁目30番1号
メディコート4F

名古屋市南区の精神科,心療内科ならにじこころのクリニック

パニック障害

問診票ダウンロード

医療費について

予約について 再診の方はインターネットでのご予約もご利用いただけます。 初診の方はお電話にてご予約ください。電話番号は052-692-2456です。

Mobile Site 携帯サイトは左のQRコードを読み取ってください

パニック障害とは

パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、このままでは死んでしまうというような強い不安感に襲われる病気です。

この発作は、「パニック発作」といわれ10分くらいから長くても1時間以内にはおさまります。パニック発作は苦しい症状ですが、幸い直接生命を脅かすものではありません。
パニック障害の特徴は、血液検査や心電図検査をしても身体的な異常は見当らないのに、パニック発作を繰り返すことです。何回か発作を繰り返すうちに、また発作を起こしたらどうしようという、パニック発作に対する強い恐怖感や不安感が生まれるようになります。これを「予期不安」と言います。そして、発作が生じた際にすぐに助けが得られないような環境、例えば電車の中や高速道路の運転、混雑した場所などを避けるようになります。これを「広場恐怖」と言います。

パニック障害の治療は、SSRIという抗うつ剤での治療が中心となります。短期的には、抗不安薬を併用することもあります。また、認知行動療法という心理療法を行うこともあります。症状が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら少しずつ改善してきますので、途中で治療を中断せずに継続していくことが大切です。

これらの症状でお悩みの方は「パニック障害」の可能性があります。

  • 心臓がドキドキして、今にもはり裂けそうになる
  • 手の平や、全身に汗をかく
  • 体や、手足がふるえる
  • 急に息苦しくなり、どう呼吸していいか分からなくなる
  • 窒息感、または喉(のど)が詰まった感じがする
  • 胸の痛みや圧迫感、不快感がある
  • 吐き気や胃をギューとつかまれて引っ張りあげられる感じがする
  • めまいがして、頭から血の気が引く感じがする
  • 現実感が失われ、自分が自分ではない感覚が起こる
  • 自分をコントロールできなくなる恐怖や、気が狂う恐怖に襲われる
  • このままでは死んでしまうという恐怖を感じる
  • 体の一部にしびれ感や、うずきを感じる
  • 冷たい感じや、ほてった感覚がある
Page Top