052-692-2456

〒457-0841
愛知県名古屋市南区豊田1丁目30番1号
メディコート4F

名古屋市南区の精神科,心療内科ならにじこころのクリニック

双極性障害

問診票ダウンロード

医療費について

予約について 再診の方はインターネットでのご予約もご利用いただけます。 初診の方はお電話にてご予約ください。電話番号は052-692-2456です。

Mobile Site 携帯サイトは左のQRコードを読み取ってください

双極性障害とは

双極性障害(躁うつ病)は、精神疾患の中でも気分障害と分類されている疾患のひとつです。うつ状態だけが起こる病気を「うつ病」といいますが、このうつ病とほとんど同じ「うつ状態」に加え、うつ状態とは対極の「躁状態」も現れ、これらをくりかえす、慢性の病気です。

家庭や仕事に重大な支障をきたし、人生に大きな傷跡を残してしまいかねないため、入院が必要になるほどの激しい状態を「躁状態」といいます。一方、はたから見ても明らかに気分が高揚していて、眠らなくても平気で、ふだんより調子がよく、仕事もはかどるけれど、本人も周囲の人もそれほどは困らない程度の状態を「軽躁状態」といいます。軽躁状態の場合、周囲も「張り切ってるな」とか、「性格」や「気分のムラ」と考え、病気とは思わないことがほとんどです。

双極性障害は、精神疾患の中でも治療法や対処法が比較的整っている病気で、薬でコントロールすれば、それまでと変わらない生活をおくることが十分に可能です。しかし放置していると、何度も躁状態とうつ状態を繰り返し、その間に人間関係、社会的信用、仕事や家庭といった人生の基盤が大きく損なわれてしまうのが、この病気の特徴のひとつでもあります。

双極性障害の治療は、気分安定薬という、気分の浮き沈みを抑える薬での治療が中心となります。また、そう・うつそれぞれの傾向が強い場合には、感情の高ぶりを抑える薬や気分の落ち込みを整える薬を併用する場合もありますが、十分な効果が出てくるには少し時間がかかります。症状が安定してくると、薬での治療を自己判断で中断してしまう場合がありますが、再発率の高い病気なので、薬の調節は主治医と相談しながら行っていくことが大切です。

これらの症状でお悩みの方は「双極性障害」の「躁状態」の可能性があります。

※うつ状態については「うつ病」の項目を参照

  • 落ち込むときと動けるときの差が激しい
  • 動けるときは夜に眠らなくても平気である
  • おしゃべりを始めると止まらない
  • 何でもできるような気分になる 急にえらくなったような気分になる
  • お金のつかい方が荒くなった
  • いろいろなアイデアが次々と浮かんでくる
  • ちょっとしたことでイライラし、怒りっぽくなった
Page Top